堀野紙工

静岡県富士市にある堀野紙工では各種スリット加工から各種紙全般・及びフィルム製品の販売を行なっております。

メールはこちら

合資会社 堀野紙工 加工事業
HOME >  加工事業  > 加工特徴

加工特徴

  • スリッター機

    スリット加工機

    スリッター機には大きく分けて、センターワインダーとサーフェイスワインダーの2種類があります。

    当社のスリッター機は7号機、9号機の2台の自動小巻スリッター機が
    サーフェイスワインダーでその他の7台は全てセンターワインダー
    となります。

    センターワインダーは製品表面への負担が少なく主にフィルム、感熱紙、感圧紙等の特殊紙に適しております。

    また、サーフェイスワインダーと比べ製品を硬過ぎずに巻くことができ
    巻締り等の現象が起こる心配もなく、塗工紙や加工紙等の厚薄のあるものにも対応可能です。
    また、1号機、8号機では二軸巻取りが可能で細幅の多面取りに適しております。
    スリット方式は全てシアーカット方式で下刃はピース固定式と移動式の2種類があり固定式では寸法精度に優れており
    -0mm+0.2mm以内です。

  • スリッター機

    スリッター機

    当社ではあらゆる素材の紙やフィルムに対応しており現在では
    10g/㎡(約 5μ)~850g/㎡(約1000μ)までと幅広く対応することが
    可能です。

    当社では主に作動ブレーキ、巻出ブレーキ、
    巻取接圧の調整によって巻の硬さを調整しております。

    現在では継目に角度をつけたり、継目混入率の低下のため、
    製品混入部のみ継目作成する欠点除去も行っておりあらゆるお客様の
    御要望にお答えしております。

  • 当社ではお客様の材質、仕様等を考慮し最適の機械で加工するようにしておりますのでどんなことでも
    お気軽にお問い合わせ下さい。

様々な加工方法

  • 二軸巻加工

    二軸巻加工

    二軸巻加工
    二軸巻にてフィルムの加工

    巻取り軸を2本使い製品を互い違いに巻くことで、細巾製品やフィルム等を噛み込む心配がなく綺麗に巻き取る事ができます。

  • 欠点除去加工

    欠点除去加工

    欠点除去加工
    製品に混入している虫、異物等の欠点を混入製品列のみ除去し継目作成する事も可能です。写真は5列取りの為、全幅での継目作成に比べ継目混入率が5分の1となり継目混入率の低下が可能です。

  • 細巾多面取り加工

    細巾多面取り加工

    細巾多面取り加工
    加工紙を10ミリ×1500メートル巻40丁取り加工した写真です。10ミリ以下やあらゆる巻長も加工可能です。加工紙やフィルム等、一軸と二軸を使い分け様々な素材に対応できます。

巻芯について

  • 巻心について

    巻心について

    スリット加工には必ずと言っていい程、巻芯が必要となります。中には巻芯なしということもありますが細くスリットしたり大きく巻いたりする場合は巻芯が必要となります。
    巻芯は、内径が0.5インチ~12インチと幅広く、厚みも多数あり強度やコストも様々で使用方法、使用設備等 によって決まってきます。

    当社では材質や仕様、巻芯等により設備を決めますが全ての巻芯に対応することが可能です。また、通常は紙の紙管が一般的ですがプラスチックコア(PE・PPT・ABS etc)等も可能です。